ウェブサイトへの集客方法の基本

 

ウェブサイト構築は一苦労。どのようなテーマで、どのような人に対してアプローチするのか。このような点を突き止めて作り上げます。また、ウェブサイト構築の上で、どれだけコンテンツを盛り込むのか、またはほかのウェブサイトに独立せるのかといった点も重要です。あれこれと頭を悩ませることになるでしょう。そしてついに日の目を見ます。それでも、まだ、全てOKではありません。むしろ、ウェブサイトの構築はスタートラインでしかないのです。本当に大事なのはこれから。日記としてのサイトなら問題ありませんが、少しでも人に見てもらうためには、集客に力を入れる必要があります。見てもらってなんぼ。この意識は常に持ちましょう。さらにさらに、少しきつい現実をお伝えします。適当に書かれた記事など誰も読みたくありません。日常を綴って「パンケーキ美味しかった」と言っても誰も気にしません。有名人でもない限り、適当に書いた文章は人の元に届きません。そこで、何が必要になるのか。そう集客です。集客と言うと、どうもビジネスにだけ必要な要素のように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、全てのウェブサイト所有者に欠かせない努力です。あえて言いますが、これは努力です。集客は決して楽しいものではないかもしれません。しかし、結果を求めるなら、集客を日々、頑張りましょう。それでは、今回は、集客の基本をご紹介します。

 

1. まずはSEO

 

とにもかくにもSEOが必要です。SEOは全てのウェブサイトオーナーが取得すべき技術です。SEOという言葉を聞いたことのない人のために簡単に説明しましょう。SEOとは、Googleなどの検索結果にたくさん登場できるようにする一種の学問です。どれだけGoogleのアルゴリズムと仲良くできるのかがポイントです。詳しい情報を書けば何十記事もなりますので、ここでは簡潔にしましょう。できるだけ、相手のことを考えた記事を書いてください。独りよがりになってはいけません。Googleは質の高い記事をできるだけ多くの人に見せるように努めています。これはコアな考え方であり、一番大事なところです。とにかく、相手が求める情報を提供すること。まずはこれを意識してください。多くの人に気に入られるほど、多くの人の検索結果に表示されるというのが大原則です。小手先の技術に頼ろうとしても何もうまくいきません。むしろ、読者を裏切る形になり、もちろん、そんな記事はGoogleに嫌われます。嫌われたら、あなたのウェブサイトを見るひとは…家族と友人だけになります。

 

2. ソーシャルメディアも大事

 

SEOは難解な学問です。誰もがすぐに習得できるわけではありません。そこで、ソーシャルメディアを活用することをお勧めします。いや、むしろ、これは活用するのが当たり前です。スタートラインの前の段階で大勢が活用しています。これを無視すると、シンプルに、遅れをとることになります。ソーシャルメディアの役割は2つあります。まずは、人と繋がること。一度、あなたのウェブサイトを訪れた人が、あなたのソーシャルメディアアカウントを使って、そのまま繋がりを保ってくれる可能性があります。さらに、その人がソーシャルメディアを使ってシェアなどをすれば、そこからさらに多くの人にあなたのコンテンツが拡散されることになります。どちらも必須の機能です。まずは、ウェブサイトに連動したSNSアカウントを作るようにしましょう。TwitterやFacebookページ、Instagramのアカウントを作るのは必須です。さらに、各ページにはシェアするためのボタンを設置しましょう。ボタンを設置すれば、記事のシェアを促進することができます。

 

3. 意外と侮れないオフラインの繋がり

 

これを侮ってはいけません。オンラインで繋がることが容易になった現代社会ですが、オフラインでの繋がりこそ、大注目したいところです。私の経験上、オンラインで出会った人よりもオフラインで出会った人の方が、その後も深い繋がりを維持できています。ちょっとした懇親会やオフ会には思わぬ出会いのタネが埋まっているかもしれません。チャンスがあればどんどん活用すべきです。確かにオフラインで接触できる人の数には限りがあります。しかし考えてみてください。オフラインでなんとなく話した人など記憶には残りません。オンラインで顔を合わせた人は違います。50人の薄い繋がりを作るよりも1人の濃厚な繋がりを重要視したいものです。Facebookに「よくわらかないけど、なんとなく覚えている」友達がいたら、よくわかるでしょう。そのような友達からは、なんのインスピレーションもビジネスも、素敵な発想も生まれません。