クレバーなウェブサイト集客アイデア – 営業メールの一歩先へ

  こんな思いをしたことはないでしょうか?「また、迷惑メールか」…「どうせ営業のメールだろう、開くのをやめて置こう…」絶対誰しもが、そんな経験があるはずです。むしろ日常茶飯事ではないでしょうか?ここでアワードの授与式を始めたいと思います。受賞者はあなたです。受賞部門はと言うと…迷惑メールや営業メールの見極め。そうです。あなたはプロなのです。では、あなたの周りの人はどうでしょうか?スマホを持っている限り、いや、ガラケー所持者であっても、例外なくプロなのです。せっかく授賞式を終えたあなたをがっかりさせるようで申し訳ありませんが、受賞者はあなただけではありません。日本国民、いや、世界の皆です。そう、考えてみてください。私たちは、日々、迷惑メールなのかどうかという選別作業を行なっています。毎日訓練を積んでいるのです。そんなツワモノ揃いの世の中で、ありきたりな営業メールが通用するでしょうか。そんなわけがありませんね。今日の出発点はここです。   人間、皆、メールの選別達人。だからこそ、そんな相手とうまくやっていくためのメール術をご紹介します。   まずは読んでもらわなければ意味がない   まずは、ここです。正直なところ、ほとんどの営業メールは、読んでもらうことすらなく、ゴミ箱行きです。どれだけ、美辞麗句を並べた本文を用意しようとも読んでくれません。怪しげなリンクや画像を多用したメールなど持っての他です。まずは、件名から考えましょう。あなたは、どんなメールを日々…(スパムとして)受け取っていますか?「おめでとうございます!当選しました!」とか「〇〇なことしようよ」といったものでしょうか?どれも、まだまだですね。明らかに営業メール、スパムだとわかってしまっては意味がないのです。   ここで一応、訂正しておきますが、私の狙いはスパムメールの送信ではありません。まともな、そして健全な目的を持った営業メールをしっかりと見てもらい、その後の成約につなげるためのコツです。   件名をつける際の第一のポイントは、具体的になることです。誰にでも遅れる件名はやめてください。そんな件名のメールを受け取ると人間は「はい、どうせ、一斉送信されたもの」と認識します。人類の進化はすごいもので、コンマ1秒もあれば、それが識別できてしまうでしょう。では、どうすればいいのか。答えは具体的に、そしてパーソナルに。つまり、その特定の人に宛てられたメールであることを表現しましょう。   例えば、「(ウェブサイト名)の(記事の名前)についての質問」などです。これでは、一斉送信されたとはなりません。現に、一斉送信できないものです。だからこそ、パーソナルになって読んでもらえます。ここで、ある疑問が。「これじゃ、いちいち面倒くさいよ…それぞれ全部個別の内容に変えなきゃいけないの?」…はい、そうです。厳しいことを言うようですが、これをめんどくさがるようでは何も始まりません。まずはそのメンタリティーを変えましょう。改革が必要です。次の項目へ進みましょう。   みんなに同じメールを送る…からの卒業   もう、卒業しましょう。そんなスパムみたいなこと。電力の無駄です。誰も読まないのですから。100件送って、100人のしかめっ面づくりに貢献するよりも、しっかり人間味のあるメールを2〜3件作りましょう。最近思うのですが、これは全く面倒ですらありません。相手のことを思い、どんなメールなら見てくれるだろうかと考えるのです。もちろん、最初は億劫に感じるかもしれませんが、悪循環からの脱出、修行だと思って頑張ってください。ちょっとすると、むしろ楽しくなってきます。これは決して誇張ではありません。私は、日々の営業メールが楽しいです。なにせ、相手に思いを馳せて、どうしたら興味を惹きつけられるか考えて…その人のSNSアカウントを見たり、企業の最新のニュースを読んだりもします。全てが戦略ゲームの一つのようなものです。ゲーム感覚というのは一つの大事なキーワードかもしれません。そして、人のやる気を高めるための大事な考え方があります。それが報酬です。「これをやったら、どんないいことが待っているの?」という期待ですね。出来るだけ高めましょう。この人から返事があったら、この案件がうまくいったら…そう考えるだけで、ワクワクするものです。これをモチベーションに使いつつ、ゲーム感覚でいきましょう。   ここまでの考え方を実践するだけで大きな変化が生まれます。是非とも挑戦してください。  

Read More

クレバーなウェブサイト集客アイデア – 自分自身を商品のように扱う

  前回の記事では、SEOをメインとした集客方法をご紹介しました。その内容は全て基本的なものでした。基本というからには一番大事な話です。これなしで先に進むことはできません。しかし、基本だけでは不十分。そこで、今回はもっとひねりを加えたウェブサイトへの集客アイデアをご紹介します。   自分を一種の商品として売る   こんな考え方をしたことはありますか?自分を商品のように売る。決して、身を売れとは言っていません。ここで大事なのは、自分を基点として商品なりウェブサイトを売り込むことです。ウェブサイト運営をしていると、そこにあるコンテンツのことばかり考えて、自分が一体何者なのかを忘れてしまいます。それだけいい商品であっても、あなたに「惹かれる何か」がないと相手は興味を持ってくれないかもしれません。逆にあなた自身に価値が見出されれば、そこから商品やウェブサイトを知ってもらえます。一番極端な例が、有名人による副業ではないでしょうか。私は、有名人こそ副業をすべきだと思っています。テレビなどに出てお金をもらい、さらに、自分自身の知名度も上げてもらっているわけですから、それを何か他のことに利用するのはいいことだと考えます。少なくとも賢いやり方です。知名度があるだけで「あの有名人がやっているお店か」となります。「なんか気に食わない」という人もいるかもしれませんが、それでもいいのです。何も考えすらされないお店よりはずっと効果的です。   「有名人」よりも「お山の大将」になろう   では、これをどのように実践すればいいのか。決して著名人になる必要もテレビに出る必要もありません。まずは、自分がどのような個性を発揮できるのか考えてみましょう。ユニークであればあるだけ効果的です。そして面白いことに、自分自身のキャラクターと…仕事やウェブサイトや商品がぴったりと相関していなくてもいいのです。とにかく、一つのユニークな領域で一番になることです。とっても小さな土俵でも構いません。そこで頂点をとりましょう。例えば、地元でナンバーワンの靴の修理屋でもいいですし、映画業界初の口パクの達人でもいいですし…馬鹿げたアイデアも大丈夫です。そこでひとたび有名になれば、あなたという広告塔を経由して、他のものを一気に売り込むことができます。CMを見てください。スポーツ選手が携帯電話のCMに出るとします。よく考えてみれば、その人はスポーツのプロであり、スマホのプロではありません。こんなことが今の世の中では「まかり通って」います。   良い評判で武装すること   自分を売る方法は他にもあります。それは、自分の周りにいい評判をどんどん纏うことです。例えば、こんな例を考えて見てください。目の前に2つの店があるとします。お腹が空いて仕方がありません。どちらに入りましょうか。一つは、Googleのレビューが星1つしかないフレンチレストラン。もう一つは、見た目こそ汚いもののレビューは軒並み満点。後者を選びますね。これと同じことを自分自身にも当てはめましょう。これはネットやレビューサイトが発展した世の中だからできることです。例えば、便利なのがLinkedInです。これを使えば、自分自身の成し遂げたことを無理なく他人に自慢できるようになります。例えば、会社で行なったプロジェクトをここに記載し続けていけば、大きなアピールになります。いきなり、「私の自己紹介はありませんが、私を選んでください」と言う人と、「ここまでの偉業を書き留めたノートをご覧ください」という人ではインパクトが圧倒的に違います。このノートの役割がLinkedInです。決して、ノートを他人に配る必要はありません。むしろ、かなり、イタめの雰囲気ですね。LinkedInのいいところは、他の人からお墨付きをもらえることです。この人はプロジェクト管理がうまい、この人はデザインの才能がある、この人は財務のプロだ…などなど。他者からの評価なので説得力が段違いです。   あなたの自慢できることは?   一度考えてみてください。自分を売り込むなら何を言うのか。一番悪いのは「私には行動力があります」とか「諦めない忍耐強さです」とかです。なぜなら、「口だけ」感が出ているから。では、行動力を示す事例は?忍耐強さについてのエピソードはありますか?物語があるなら、それを是非とも書き留めておいてください。そして、いつでも話せるようにしましょう。具体的であることは、このテーマにおいてはキングです。これに上回るものはありません。とにかく具体的な表現に固執してください。〇〇会社から…という案件を獲得したことがあります…などなど。  

Read More

ウェブサイトへの集客方法の基本

  ウェブサイト構築は一苦労。どのようなテーマで、どのような人に対してアプローチするのか。このような点を突き止めて作り上げます。また、ウェブサイト構築の上で、どれだけコンテンツを盛り込むのか、またはほかのウェブサイトに独立せるのかといった点も重要です。あれこれと頭を悩ませることになるでしょう。そしてついに日の目を見ます。それでも、まだ、全てOKではありません。むしろ、ウェブサイトの構築はスタートラインでしかないのです。本当に大事なのはこれから。日記としてのサイトなら問題ありませんが、少しでも人に見てもらうためには、集客に力を入れる必要があります。見てもらってなんぼ。この意識は常に持ちましょう。さらにさらに、少しきつい現実をお伝えします。適当に書かれた記事など誰も読みたくありません。日常を綴って「パンケーキ美味しかった」と言っても誰も気にしません。有名人でもない限り、適当に書いた文章は人の元に届きません。そこで、何が必要になるのか。そう集客です。集客と言うと、どうもビジネスにだけ必要な要素のように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、全てのウェブサイト所有者に欠かせない努力です。あえて言いますが、これは努力です。集客は決して楽しいものではないかもしれません。しかし、結果を求めるなら、集客を日々、頑張りましょう。それでは、今回は、集客の基本をご紹介します。   1. まずはSEO   とにもかくにもSEOが必要です。SEOは全てのウェブサイトオーナーが取得すべき技術です。SEOという言葉を聞いたことのない人のために簡単に説明しましょう。SEOとは、Googleなどの検索結果にたくさん登場できるようにする一種の学問です。どれだけGoogleのアルゴリズムと仲良くできるのかがポイントです。詳しい情報を書けば何十記事もなりますので、ここでは簡潔にしましょう。できるだけ、相手のことを考えた記事を書いてください。独りよがりになってはいけません。Googleは質の高い記事をできるだけ多くの人に見せるように努めています。これはコアな考え方であり、一番大事なところです。とにかく、相手が求める情報を提供すること。まずはこれを意識してください。多くの人に気に入られるほど、多くの人の検索結果に表示されるというのが大原則です。小手先の技術に頼ろうとしても何もうまくいきません。むしろ、読者を裏切る形になり、もちろん、そんな記事はGoogleに嫌われます。嫌われたら、あなたのウェブサイトを見るひとは…家族と友人だけになります。   2. ソーシャルメディアも大事   SEOは難解な学問です。誰もがすぐに習得できるわけではありません。そこで、ソーシャルメディアを活用することをお勧めします。いや、むしろ、これは活用するのが当たり前です。スタートラインの前の段階で大勢が活用しています。これを無視すると、シンプルに、遅れをとることになります。ソーシャルメディアの役割は2つあります。まずは、人と繋がること。一度、あなたのウェブサイトを訪れた人が、あなたのソーシャルメディアアカウントを使って、そのまま繋がりを保ってくれる可能性があります。さらに、その人がソーシャルメディアを使ってシェアなどをすれば、そこからさらに多くの人にあなたのコンテンツが拡散されることになります。どちらも必須の機能です。まずは、ウェブサイトに連動したSNSアカウントを作るようにしましょう。TwitterやFacebookページ、Instagramのアカウントを作るのは必須です。さらに、各ページにはシェアするためのボタンを設置しましょう。ボタンを設置すれば、記事のシェアを促進することができます。   3. 意外と侮れないオフラインの繋がり   これを侮ってはいけません。オンラインで繋がることが容易になった現代社会ですが、オフラインでの繋がりこそ、大注目したいところです。私の経験上、オンラインで出会った人よりもオフラインで出会った人の方が、その後も深い繋がりを維持できています。ちょっとした懇親会やオフ会には思わぬ出会いのタネが埋まっているかもしれません。チャンスがあればどんどん活用すべきです。確かにオフラインで接触できる人の数には限りがあります。しかし考えてみてください。オフラインでなんとなく話した人など記憶には残りません。オンラインで顔を合わせた人は違います。50人の薄い繋がりを作るよりも1人の濃厚な繋がりを重要視したいものです。Facebookに「よくわらかないけど、なんとなく覚えている」友達がいたら、よくわかるでしょう。そのような友達からは、なんのインスピレーションもビジネスも、素敵な発想も生まれません。

Read More