優秀なコンテンツ作りに欠かせない「オマケ」の発想

  前回は、整合性のお話でした。簡単におさらいすると、以下のようになります。読者が求めることを徹底的に考える。読者の人柄を想像する。顔まで具体的に想像する。そして、その人の求めるコンテンツを考案する。さらに、タイトルとコンテンツの整合性を取る。記事の執筆中にはなんどもその方針を参照することで、脱線しないようにする。   今回はさらに進んで…オマケについてです。オマケとは、前回の記事でも簡単に説明しましたが、コンテンツに深みを加える装飾のようなものです。単調な記事よりも読みやすさが増しますし、注意も積極的に引きつけることができます。装飾なので、決してこれに凝りすぎてあまりにも追加しすぎると派手派手しくなるだけです。ご注意ください。しかし、適切に使う分には非常に効果的です。   ビデオをオマケとして追加する   ビデオの追加は非常に効果的です。なんだかんだで、文字を一生懸命に読むよりもビデオで見てしまった方が簡単に内容を消化できます。ここである疑問をいただきそうなので紹介します。「え、ビデオを作るなんてハードルが高すぎる!」というものです。そうですね、確かにビデオの制作は簡単ではありません。ただし、私は、ビデオを自作するなど一言も述べていません。ありがたいもので、世の中にはビデオが溢れています。それを活用しない手はありません。YouTubeで検索してみば、どんなジャンルの動画も見つかります。「動画の無断掲載は違反じゃないの?」とご心配のあなた、この点をよく理解しましょう。例えばWordPressであれば、ビデオのURLを貼り付けるだけで自動的にページに挿入されます。この方法での公開であれば、何も許可はいりません。それどころか、その動画の再生数の獲得に貢献してあげているわけですから、むしろWin-WInの関係です。ただし、動画をダウンロードしたりして、それをあなたのアカウントとして何かしらのビデオ共有サイトにアップロードするのはダメです。   オリジナルのイラストをオマケとして追加する   視覚的なサポートは大いにコンテンツを助けます。私も実践すべきですが、文字だけの記事では理解が難しいものです。特に芸術的なものを扱うウェブサイトではどんどん画像を多用すべきでしょう。ここでこだわりたいのがオリジナルの何かです。もちろん、ネット上には様々なフリー素材がありますが、それは結局のところ「フリー素材を使っている記事」として認識されてしまいます。意外かもしれませんが、読者はかなりの確率で気づくものです。そもそもフリー素材には限りがあり、中でも人気な系統はあらゆるウェブサイトで使い回されています。だからこそ、「予算の低めなウェブサイト」では同じような画像が…。ここまでですでにお分かりかと思いますが、読者の評価に大きく響きます。もちろん、必ずしもフリー画像が悪いわけではありません。質の高いものも多く存在します。しかし、さらにコンテンツに深みを加えるならばオリジナルにこだわりましょう。特に、図解の類が最強です。作成方法は簡単です。イラストを描いてくださいと言われると、かなりきついかもしれませんが、図解ですので、誰でもできます。例えば、パワーポイントで説明のための図をつくる要領です。文章の説明が複雑になった時にはこれを掲載してあげましょう。もちろん、これには一手間かかります。しかし、それだけの効果はあります。保証します。   難しい話には必ず身近な(カジュアルな)例をつける   動画も画像も用意せずとも、コンテンツに深みを加えることができます。その最たる例が例を挙げることでしょう。お気付きでしたでしょうか?私は例を多用しています。少なくとも平均以上ではないでしょうか。そして私が意識しているのは、出来るだけカジュアルな例を挙げることです。考えてみれば当たり前かもしれませんが、難しい話に難しい例がつくと、オマケどころか…「うわ、余計に面倒だ」と思われてしまいます。例を挙げる意味とは、話を噛み砕くこと。だからこそ、時にふざけてもいい。それが私の持論です。真面目すぎる例になるなら、ちょっとクスリとできるくらいの方が100倍いいでしょう。さらに言えば、この例と図説を合わせるのがかなりおすすめです。これは、私の運営している他のウェブサイトで必ず実践していることなのですが、かなり効果があります。エンゲージメントという意味で、かなりの上昇が見られました。   ちなみにここまで「エンゲージメント」という言葉を何度か使いましたが…何それ?という方。次回の記事でエンゲージメントの意味と、これの重要性(特にSEOという意味で)をご紹介します。  

Read More

優秀なコンテンツ作りに欠かせない「整合性」の発想

  ウェブサイトを作ったからには、見てもらえるようにしましょう。そんな話は毎回していますね。つまり、SEOであったり、メールを使った営業であったりです。そこで今回は、それと同時に進めていきたい優秀なコンテンツ作りについてご紹介したいと思います。優秀なコンテンツとはつまり、読者に喜ばれる記事です。これをひたすらに意識していきましょう。とにかく読者は神様。それくらいに思えば、自ずと最強のコンテンツが生まれるはずです。   ここでは精神論は抜きにして、具体的にどのようなコンテンツ作りができるのか説明しましょう。   タイトルと中身の整合性   記事のタイトルは死ぬほど大事です。これだけで読まれるかどうかが決まります。その後、記事の内容とタイトルがしっかりと調和するように努力することも重要です。むしろ、記事の内容とタイトルをそれぞれちょっとづつ調整しながら最終的に一つの整合性を確保するといった方が適切かもしれません。例えば、こんな例を考えてみましょう。TSUTAYAに出かけて、映画を探します。どのような作品がいいでしょうか。よくポップのようなもので、それぞれについての簡単な説明文が掲載されています。「泣ける作品」とあったので、感動に飢えた私は、その作品をチョイス。そして家に帰って見てみたら…なんとほとんどがアクション映画!ガッカリですね。このガッカリの理由はなんですか?そうです、期待と実際の結果の乖離です。このポイントはどれだけ強調してもしきれないほどに重要です。考えてみてください。逆の例をご紹介します。1皿100円の焼きそばを屋台で食べました。いくら屋台でお店の初期費用がかかっていないからといっても異常な安さです。何か怪しいものでも使っているのかと思うくらいです。そして食べてみると、うまい!どうでしょうか?期待があまりにも低く、それを結果が上回りました。これが期待と結果のバランスです。では、これと同じ味の焼きそばがミシュランで三つ星を獲得するフランス料理店でおもむろに提供されたらどうでしょうか?「え?」となりますね。つまり、何が言いたいのかというと、実際の結果が全く同じ2つのケースであっても、その前にどのような期待があるのかで、評価が大きく変わるのです。これは大事なポイントです。つまり、タイトルで「ウェブサイトの作り方を紹介します」と言っているのに、記事の中身は、「集客方法」であれば、もちろん、期待外れとなります。あなたが何を話たいかではなく、読者が何を期待しているのか、意識しましょう。   骨組みを作って常にそれを意識する   これを意識するだけで、コンテンツ作りが飛躍的に進化します。例えば、記事を執筆している最中に、なんども、読者が求めているコアの部分に立ち返るようにしてください。理想は、記事作りの前に、まず、読者の顔を想像します。具体的に想像できればいいですね。その人はどんな情報を求めているのでしょうか?どんな記事タイトルなら、その人の意識に働きかけることができるでしょうか?その中核にある狙いをメモに残します。パソコンのメモ機能でもいいですし、デスクにポストイットを貼り付けるのでもOKです。そして、いつでも、記事の執筆の合間にこれを見ましょう。これだけで、記事が脱線するのを防ぐことができます。さらに、対象者のことを想像してください「ああ…〇〇があったらなぁ〜」などの困っている様子を想像できるのが理想です。その人の問題を解決してあげましょう。徹底的に解決すれば、それだけで自然と、評価してもらえる、役に立つ記事になります。   まずはシンプルに、ストレートに、「欲しい!」と叫ばれる情報を提供する。これが出発点です。例えば、一番典型的な例は…このようなものになります。Macが起動しなくなった!助けて!…そんな人には「Macが突然起動しなくなった時の対処法」をシンプルに提示するに限ります。そこに余計な情報(ちなみにMacの仕事を効率化するには…のような)が入ると「黙れ!」と思われて、捨てられて、惨めな思い(ウェブサイトが…そしてあなたが)をすることになります。   さあ、そして、このひとりよがりを超えた先に広がるものがおまけの要素です。どのようなオマケでもいいのですが、読者が喜ぶものを意識しましょう。例えば、動画での説明をプラスするなど。勘違いを避けて欲しいので明らかにしておきますが…最初のステップを満たさないうちにこのおまけに走らないでください。むしろ、目的と合致しないのに余計なコンテンツがついていて…「鬱陶しい、読みづらい」と思われてしまいます。このオマケコンテンツ作りについては、次回の記事でご紹介したいと思います。  

Read More