SEOの観点から役に立つコンテンツに時間をかけることの重要性

SEOはあらゆるウェブサイトに欠かせない要素です。言うなれば、集客の要。ウェブサイトを見てもらうには、どこかに入り口を作る必要があります。この入り口がTwitterアカウントであることも、YouTubeのビデオであることもあるでしょう。つまり、Twitterで人気を博して、たくさんのフォロワーを獲得すれば…アカウントに貼ったURLを辿って、ウェブサイトを閲覧してくれるかもしれません。YouTubeでも同じことで、説明欄にURLを貼るのが便利です。もちろん、動画内で「〇〇で検索してください」と伝えるのもいいでしょう。これはなんでも構いません。とにかく入り口、つまり人が流入してくる道筋が必要なのです。その一つがSEOです。SNSを使ったものよりは、響きが難解なので、とっつきにくいでしょう。だからこそ、いいのです。InstagramやTwitterであれば、多少の語弊を恐れずに言えば、「マーケティングなどを何も知らない中学生でも、うまく利用することが」あります。

 

つまり、SNSからのマーケティングは、特別にそれについての知識がない人でも成功してしまうことがあります。なぜならば、自分を表現する、または、趣味の延長線ではまり込んでいるだけでうまくいく可能性もあるからです。それはメリットでもデメリットでもあるでしょう。メリットは、IT系の細かな勉強が面倒な人にとっての可能性です。逆にデメリットは、「始めやすい分、ライバルが増殖しやすい」ことです。YouTubeを見てみればわかりますが、YouTuberと名乗る人が大量に現れています。その中で目立つには特別な何かが必要です。例えば、美女であったりイケメンであったり、特別な特技があったり、笑いのセンスが異常に高かったり、資金が潤沢であったり…。

 

一方でSEOは日陰にいる存在です。でもどうか誤解しないでください。SEOの力が弱いなどとは言っていません。むしろ、SEOはマスターさえすれば非常に強力な武器になります。

 

今回は、SEOの中でもコンテンツの質を高めることの重要性に焦点を当てましょう。コンテンツの質を高めるとは、つまり、Googleの検索結果にある他のどのページよりも「すごい」ページを作ることです。すごいの基準は人それぞれですが、典型的には、まず、他の人が提供していない貴重な情報を提供することです。これを意識するだけで、「このサイトには、他にはない情報が眠っている」と思ってもらえます。これに加えて意識したいのが、読みやすさです。このサイトでは、シンプルさを重視していますが、本来であれば、もっと行間を開けるなどの工夫をしてもいいでしょう。

 

イラストを盛り込むことで読みやすくしたり、クイズを入れて楽しく読み進めるようにするのもおすすめです。ただし、それには時間がかかります。外注するにもお金がかかります。なので、こればかりは仕方がないものと思ってください。決してコピー記事など作ってはいけません。質の高い記事を書くには時間がかかります。時間を省略したければ、誰かを雇う必要があり、それにはお金がかかります。本気でウェブサイト運営を行いたいのならば「他で稼いだお金を投入して、記事を書いてもらう」といった選択肢も視野に入れるべきでしょう。もちろん、自分で大量の時間を投入して、ゆっくりと時間をかけて記事を作るのも素晴らしいことです。

 

どうか、記事数だけでサイトの進捗を判断しないでください。短い記事やページを量産することは意外と簡単です。ただの日記の公開もいくらでもできます。大事なのは、それの二歩先、三歩先を行くことです。例えば、短い(中途半端なレベルの)記事を10個公開するくらいなら、それの全てを合わせて、数日間、数週間かけて、最高の1つの記事を執筆する方がよっぽど理にかなっています。時に、一つの記事に時間を割き続けていると「記事一つにこんなに時間をかけていていいのだろうか」と不安になることがありますが、そこで踏ん張ることができるかどうか。これが勝敗を分けます。

 

質の高い記事は読まれます。質の高い記事には他のサイトからリンクが集まります。是非とも、SEOの一番の土台は質の高い記事であるという点は、念頭に置くようにおねがいいたします。ネットの発展により、大抵の情報は手に入るようになりました。しかし、まだまだ手に入りづらい情報はあります。それに狙いを定めるのが得策です。