優秀なコンテンツ作りに欠かせない「オマケ」の発想

  前回は、整合性のお話でした。簡単におさらいすると、以下のようになります。読者が求めることを徹底的に考える。読者の人柄を想像する。顔まで具体的に想像する。そして、その人の求めるコンテンツを考案する。さらに、タイトルとコンテンツの整合性を取る。記事の執筆中にはなんどもその方針を参照することで、脱線しないようにする。   今回はさらに進んで…オマケについてです。オマケとは、前回の記事でも簡単に説明しましたが、コンテンツに深みを加える装飾のようなものです。単調な記事よりも読みやすさが増しますし、注意も積極的に引きつけることができます。装飾なので、決してこれに凝りすぎてあまりにも追加しすぎると派手派手しくなるだけです。ご注意ください。しかし、適切に使う分には非常に効果的です。   ビデオをオマケとして追加する   ビデオの追加は非常に効果的です。なんだかんだで、文字を一生懸命に読むよりもビデオで見てしまった方が簡単に内容を消化できます。ここである疑問をいただきそうなので紹介します。「え、ビデオを作るなんてハードルが高すぎる!」というものです。そうですね、確かにビデオの制作は簡単ではありません。ただし、私は、ビデオを自作するなど一言も述べていません。ありがたいもので、世の中にはビデオが溢れています。それを活用しない手はありません。YouTubeで検索してみば、どんなジャンルの動画も見つかります。「動画の無断掲載は違反じゃないの?」とご心配のあなた、この点をよく理解しましょう。例えばWordPressであれば、ビデオのURLを貼り付けるだけで自動的にページに挿入されます。この方法での公開であれば、何も許可はいりません。それどころか、その動画の再生数の獲得に貢献してあげているわけですから、むしろWin-WInの関係です。ただし、動画をダウンロードしたりして、それをあなたのアカウントとして何かしらのビデオ共有サイトにアップロードするのはダメです。   オリジナルのイラストをオマケとして追加する   視覚的なサポートは大いにコンテンツを助けます。私も実践すべきですが、文字だけの記事では理解が難しいものです。特に芸術的なものを扱うウェブサイトではどんどん画像を多用すべきでしょう。ここでこだわりたいのがオリジナルの何かです。もちろん、ネット上には様々なフリー素材がありますが、それは結局のところ「フリー素材を使っている記事」として認識されてしまいます。意外かもしれませんが、読者はかなりの確率で気づくものです。そもそもフリー素材には限りがあり、中でも人気な系統はあらゆるウェブサイトで使い回されています。だからこそ、「予算の低めなウェブサイト」では同じような画像が…。ここまでですでにお分かりかと思いますが、読者の評価に大きく響きます。もちろん、必ずしもフリー画像が悪いわけではありません。質の高いものも多く存在します。しかし、さらにコンテンツに深みを加えるならばオリジナルにこだわりましょう。特に、図解の類が最強です。作成方法は簡単です。イラストを描いてくださいと言われると、かなりきついかもしれませんが、図解ですので、誰でもできます。例えば、パワーポイントで説明のための図をつくる要領です。文章の説明が複雑になった時にはこれを掲載してあげましょう。もちろん、これには一手間かかります。しかし、それだけの効果はあります。保証します。   難しい話には必ず身近な(カジュアルな)例をつける   動画も画像も用意せずとも、コンテンツに深みを加えることができます。その最たる例が例を挙げることでしょう。お気付きでしたでしょうか?私は例を多用しています。少なくとも平均以上ではないでしょうか。そして私が意識しているのは、出来るだけカジュアルな例を挙げることです。考えてみれば当たり前かもしれませんが、難しい話に難しい例がつくと、オマケどころか…「うわ、余計に面倒だ」と思われてしまいます。例を挙げる意味とは、話を噛み砕くこと。だからこそ、時にふざけてもいい。それが私の持論です。真面目すぎる例になるなら、ちょっとクスリとできるくらいの方が100倍いいでしょう。さらに言えば、この例と図説を合わせるのがかなりおすすめです。これは、私の運営している他のウェブサイトで必ず実践していることなのですが、かなり効果があります。エンゲージメントという意味で、かなりの上昇が見られました。   ちなみにここまで「エンゲージメント」という言葉を何度か使いましたが…何それ?という方。次回の記事でエンゲージメントの意味と、これの重要性(特にSEOという意味で)をご紹介します。  

Read More

優秀なコンテンツ作りに欠かせない「整合性」の発想

  ウェブサイトを作ったからには、見てもらえるようにしましょう。そんな話は毎回していますね。つまり、SEOであったり、メールを使った営業であったりです。そこで今回は、それと同時に進めていきたい優秀なコンテンツ作りについてご紹介したいと思います。優秀なコンテンツとはつまり、読者に喜ばれる記事です。これをひたすらに意識していきましょう。とにかく読者は神様。それくらいに思えば、自ずと最強のコンテンツが生まれるはずです。   ここでは精神論は抜きにして、具体的にどのようなコンテンツ作りができるのか説明しましょう。   タイトルと中身の整合性   記事のタイトルは死ぬほど大事です。これだけで読まれるかどうかが決まります。その後、記事の内容とタイトルがしっかりと調和するように努力することも重要です。むしろ、記事の内容とタイトルをそれぞれちょっとづつ調整しながら最終的に一つの整合性を確保するといった方が適切かもしれません。例えば、こんな例を考えてみましょう。TSUTAYAに出かけて、映画を探します。どのような作品がいいでしょうか。よくポップのようなもので、それぞれについての簡単な説明文が掲載されています。「泣ける作品」とあったので、感動に飢えた私は、その作品をチョイス。そして家に帰って見てみたら…なんとほとんどがアクション映画!ガッカリですね。このガッカリの理由はなんですか?そうです、期待と実際の結果の乖離です。このポイントはどれだけ強調してもしきれないほどに重要です。考えてみてください。逆の例をご紹介します。1皿100円の焼きそばを屋台で食べました。いくら屋台でお店の初期費用がかかっていないからといっても異常な安さです。何か怪しいものでも使っているのかと思うくらいです。そして食べてみると、うまい!どうでしょうか?期待があまりにも低く、それを結果が上回りました。これが期待と結果のバランスです。では、これと同じ味の焼きそばがミシュランで三つ星を獲得するフランス料理店でおもむろに提供されたらどうでしょうか?「え?」となりますね。つまり、何が言いたいのかというと、実際の結果が全く同じ2つのケースであっても、その前にどのような期待があるのかで、評価が大きく変わるのです。これは大事なポイントです。つまり、タイトルで「ウェブサイトの作り方を紹介します」と言っているのに、記事の中身は、「集客方法」であれば、もちろん、期待外れとなります。あなたが何を話たいかではなく、読者が何を期待しているのか、意識しましょう。   骨組みを作って常にそれを意識する   これを意識するだけで、コンテンツ作りが飛躍的に進化します。例えば、記事を執筆している最中に、なんども、読者が求めているコアの部分に立ち返るようにしてください。理想は、記事作りの前に、まず、読者の顔を想像します。具体的に想像できればいいですね。その人はどんな情報を求めているのでしょうか?どんな記事タイトルなら、その人の意識に働きかけることができるでしょうか?その中核にある狙いをメモに残します。パソコンのメモ機能でもいいですし、デスクにポストイットを貼り付けるのでもOKです。そして、いつでも、記事の執筆の合間にこれを見ましょう。これだけで、記事が脱線するのを防ぐことができます。さらに、対象者のことを想像してください「ああ…〇〇があったらなぁ〜」などの困っている様子を想像できるのが理想です。その人の問題を解決してあげましょう。徹底的に解決すれば、それだけで自然と、評価してもらえる、役に立つ記事になります。   まずはシンプルに、ストレートに、「欲しい!」と叫ばれる情報を提供する。これが出発点です。例えば、一番典型的な例は…このようなものになります。Macが起動しなくなった!助けて!…そんな人には「Macが突然起動しなくなった時の対処法」をシンプルに提示するに限ります。そこに余計な情報(ちなみにMacの仕事を効率化するには…のような)が入ると「黙れ!」と思われて、捨てられて、惨めな思い(ウェブサイトが…そしてあなたが)をすることになります。   さあ、そして、このひとりよがりを超えた先に広がるものがおまけの要素です。どのようなオマケでもいいのですが、読者が喜ぶものを意識しましょう。例えば、動画での説明をプラスするなど。勘違いを避けて欲しいので明らかにしておきますが…最初のステップを満たさないうちにこのおまけに走らないでください。むしろ、目的と合致しないのに余計なコンテンツがついていて…「鬱陶しい、読みづらい」と思われてしまいます。このオマケコンテンツ作りについては、次回の記事でご紹介したいと思います。  

Read More

クレバーなウェブサイト集客アイデア – 営業メールの一歩先へ

  こんな思いをしたことはないでしょうか?「また、迷惑メールか」…「どうせ営業のメールだろう、開くのをやめて置こう…」絶対誰しもが、そんな経験があるはずです。むしろ日常茶飯事ではないでしょうか?ここでアワードの授与式を始めたいと思います。受賞者はあなたです。受賞部門はと言うと…迷惑メールや営業メールの見極め。そうです。あなたはプロなのです。では、あなたの周りの人はどうでしょうか?スマホを持っている限り、いや、ガラケー所持者であっても、例外なくプロなのです。せっかく授賞式を終えたあなたをがっかりさせるようで申し訳ありませんが、受賞者はあなただけではありません。日本国民、いや、世界の皆です。そう、考えてみてください。私たちは、日々、迷惑メールなのかどうかという選別作業を行なっています。毎日訓練を積んでいるのです。そんなツワモノ揃いの世の中で、ありきたりな営業メールが通用するでしょうか。そんなわけがありませんね。今日の出発点はここです。   人間、皆、メールの選別達人。だからこそ、そんな相手とうまくやっていくためのメール術をご紹介します。   まずは読んでもらわなければ意味がない   まずは、ここです。正直なところ、ほとんどの営業メールは、読んでもらうことすらなく、ゴミ箱行きです。どれだけ、美辞麗句を並べた本文を用意しようとも読んでくれません。怪しげなリンクや画像を多用したメールなど持っての他です。まずは、件名から考えましょう。あなたは、どんなメールを日々…(スパムとして)受け取っていますか?「おめでとうございます!当選しました!」とか「〇〇なことしようよ」といったものでしょうか?どれも、まだまだですね。明らかに営業メール、スパムだとわかってしまっては意味がないのです。   ここで一応、訂正しておきますが、私の狙いはスパムメールの送信ではありません。まともな、そして健全な目的を持った営業メールをしっかりと見てもらい、その後の成約につなげるためのコツです。   件名をつける際の第一のポイントは、具体的になることです。誰にでも遅れる件名はやめてください。そんな件名のメールを受け取ると人間は「はい、どうせ、一斉送信されたもの」と認識します。人類の進化はすごいもので、コンマ1秒もあれば、それが識別できてしまうでしょう。では、どうすればいいのか。答えは具体的に、そしてパーソナルに。つまり、その特定の人に宛てられたメールであることを表現しましょう。   例えば、「(ウェブサイト名)の(記事の名前)についての質問」などです。これでは、一斉送信されたとはなりません。現に、一斉送信できないものです。だからこそ、パーソナルになって読んでもらえます。ここで、ある疑問が。「これじゃ、いちいち面倒くさいよ…それぞれ全部個別の内容に変えなきゃいけないの?」…はい、そうです。厳しいことを言うようですが、これをめんどくさがるようでは何も始まりません。まずはそのメンタリティーを変えましょう。改革が必要です。次の項目へ進みましょう。   みんなに同じメールを送る…からの卒業   もう、卒業しましょう。そんなスパムみたいなこと。電力の無駄です。誰も読まないのですから。100件送って、100人のしかめっ面づくりに貢献するよりも、しっかり人間味のあるメールを2〜3件作りましょう。最近思うのですが、これは全く面倒ですらありません。相手のことを思い、どんなメールなら見てくれるだろうかと考えるのです。もちろん、最初は億劫に感じるかもしれませんが、悪循環からの脱出、修行だと思って頑張ってください。ちょっとすると、むしろ楽しくなってきます。これは決して誇張ではありません。私は、日々の営業メールが楽しいです。なにせ、相手に思いを馳せて、どうしたら興味を惹きつけられるか考えて…その人のSNSアカウントを見たり、企業の最新のニュースを読んだりもします。全てが戦略ゲームの一つのようなものです。ゲーム感覚というのは一つの大事なキーワードかもしれません。そして、人のやる気を高めるための大事な考え方があります。それが報酬です。「これをやったら、どんないいことが待っているの?」という期待ですね。出来るだけ高めましょう。この人から返事があったら、この案件がうまくいったら…そう考えるだけで、ワクワクするものです。これをモチベーションに使いつつ、ゲーム感覚でいきましょう。   ここまでの考え方を実践するだけで大きな変化が生まれます。是非とも挑戦してください。  

Read More

クレバーなウェブサイト集客アイデア – 自分自身を商品のように扱う

  前回の記事では、SEOをメインとした集客方法をご紹介しました。その内容は全て基本的なものでした。基本というからには一番大事な話です。これなしで先に進むことはできません。しかし、基本だけでは不十分。そこで、今回はもっとひねりを加えたウェブサイトへの集客アイデアをご紹介します。   自分を一種の商品として売る   こんな考え方をしたことはありますか?自分を商品のように売る。決して、身を売れとは言っていません。ここで大事なのは、自分を基点として商品なりウェブサイトを売り込むことです。ウェブサイト運営をしていると、そこにあるコンテンツのことばかり考えて、自分が一体何者なのかを忘れてしまいます。それだけいい商品であっても、あなたに「惹かれる何か」がないと相手は興味を持ってくれないかもしれません。逆にあなた自身に価値が見出されれば、そこから商品やウェブサイトを知ってもらえます。一番極端な例が、有名人による副業ではないでしょうか。私は、有名人こそ副業をすべきだと思っています。テレビなどに出てお金をもらい、さらに、自分自身の知名度も上げてもらっているわけですから、それを何か他のことに利用するのはいいことだと考えます。少なくとも賢いやり方です。知名度があるだけで「あの有名人がやっているお店か」となります。「なんか気に食わない」という人もいるかもしれませんが、それでもいいのです。何も考えすらされないお店よりはずっと効果的です。   「有名人」よりも「お山の大将」になろう   では、これをどのように実践すればいいのか。決して著名人になる必要もテレビに出る必要もありません。まずは、自分がどのような個性を発揮できるのか考えてみましょう。ユニークであればあるだけ効果的です。そして面白いことに、自分自身のキャラクターと…仕事やウェブサイトや商品がぴったりと相関していなくてもいいのです。とにかく、一つのユニークな領域で一番になることです。とっても小さな土俵でも構いません。そこで頂点をとりましょう。例えば、地元でナンバーワンの靴の修理屋でもいいですし、映画業界初の口パクの達人でもいいですし…馬鹿げたアイデアも大丈夫です。そこでひとたび有名になれば、あなたという広告塔を経由して、他のものを一気に売り込むことができます。CMを見てください。スポーツ選手が携帯電話のCMに出るとします。よく考えてみれば、その人はスポーツのプロであり、スマホのプロではありません。こんなことが今の世の中では「まかり通って」います。   良い評判で武装すること   自分を売る方法は他にもあります。それは、自分の周りにいい評判をどんどん纏うことです。例えば、こんな例を考えて見てください。目の前に2つの店があるとします。お腹が空いて仕方がありません。どちらに入りましょうか。一つは、Googleのレビューが星1つしかないフレンチレストラン。もう一つは、見た目こそ汚いもののレビューは軒並み満点。後者を選びますね。これと同じことを自分自身にも当てはめましょう。これはネットやレビューサイトが発展した世の中だからできることです。例えば、便利なのがLinkedInです。これを使えば、自分自身の成し遂げたことを無理なく他人に自慢できるようになります。例えば、会社で行なったプロジェクトをここに記載し続けていけば、大きなアピールになります。いきなり、「私の自己紹介はありませんが、私を選んでください」と言う人と、「ここまでの偉業を書き留めたノートをご覧ください」という人ではインパクトが圧倒的に違います。このノートの役割がLinkedInです。決して、ノートを他人に配る必要はありません。むしろ、かなり、イタめの雰囲気ですね。LinkedInのいいところは、他の人からお墨付きをもらえることです。この人はプロジェクト管理がうまい、この人はデザインの才能がある、この人は財務のプロだ…などなど。他者からの評価なので説得力が段違いです。   あなたの自慢できることは?   一度考えてみてください。自分を売り込むなら何を言うのか。一番悪いのは「私には行動力があります」とか「諦めない忍耐強さです」とかです。なぜなら、「口だけ」感が出ているから。では、行動力を示す事例は?忍耐強さについてのエピソードはありますか?物語があるなら、それを是非とも書き留めておいてください。そして、いつでも話せるようにしましょう。具体的であることは、このテーマにおいてはキングです。これに上回るものはありません。とにかく具体的な表現に固執してください。〇〇会社から…という案件を獲得したことがあります…などなど。  

Read More

ウェブサイトへの集客方法の基本

  ウェブサイト構築は一苦労。どのようなテーマで、どのような人に対してアプローチするのか。このような点を突き止めて作り上げます。また、ウェブサイト構築の上で、どれだけコンテンツを盛り込むのか、またはほかのウェブサイトに独立せるのかといった点も重要です。あれこれと頭を悩ませることになるでしょう。そしてついに日の目を見ます。それでも、まだ、全てOKではありません。むしろ、ウェブサイトの構築はスタートラインでしかないのです。本当に大事なのはこれから。日記としてのサイトなら問題ありませんが、少しでも人に見てもらうためには、集客に力を入れる必要があります。見てもらってなんぼ。この意識は常に持ちましょう。さらにさらに、少しきつい現実をお伝えします。適当に書かれた記事など誰も読みたくありません。日常を綴って「パンケーキ美味しかった」と言っても誰も気にしません。有名人でもない限り、適当に書いた文章は人の元に届きません。そこで、何が必要になるのか。そう集客です。集客と言うと、どうもビジネスにだけ必要な要素のように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、全てのウェブサイト所有者に欠かせない努力です。あえて言いますが、これは努力です。集客は決して楽しいものではないかもしれません。しかし、結果を求めるなら、集客を日々、頑張りましょう。それでは、今回は、集客の基本をご紹介します。   1. まずはSEO   とにもかくにもSEOが必要です。SEOは全てのウェブサイトオーナーが取得すべき技術です。SEOという言葉を聞いたことのない人のために簡単に説明しましょう。SEOとは、Googleなどの検索結果にたくさん登場できるようにする一種の学問です。どれだけGoogleのアルゴリズムと仲良くできるのかがポイントです。詳しい情報を書けば何十記事もなりますので、ここでは簡潔にしましょう。できるだけ、相手のことを考えた記事を書いてください。独りよがりになってはいけません。Googleは質の高い記事をできるだけ多くの人に見せるように努めています。これはコアな考え方であり、一番大事なところです。とにかく、相手が求める情報を提供すること。まずはこれを意識してください。多くの人に気に入られるほど、多くの人の検索結果に表示されるというのが大原則です。小手先の技術に頼ろうとしても何もうまくいきません。むしろ、読者を裏切る形になり、もちろん、そんな記事はGoogleに嫌われます。嫌われたら、あなたのウェブサイトを見るひとは…家族と友人だけになります。   2. ソーシャルメディアも大事   SEOは難解な学問です。誰もがすぐに習得できるわけではありません。そこで、ソーシャルメディアを活用することをお勧めします。いや、むしろ、これは活用するのが当たり前です。スタートラインの前の段階で大勢が活用しています。これを無視すると、シンプルに、遅れをとることになります。ソーシャルメディアの役割は2つあります。まずは、人と繋がること。一度、あなたのウェブサイトを訪れた人が、あなたのソーシャルメディアアカウントを使って、そのまま繋がりを保ってくれる可能性があります。さらに、その人がソーシャルメディアを使ってシェアなどをすれば、そこからさらに多くの人にあなたのコンテンツが拡散されることになります。どちらも必須の機能です。まずは、ウェブサイトに連動したSNSアカウントを作るようにしましょう。TwitterやFacebookページ、Instagramのアカウントを作るのは必須です。さらに、各ページにはシェアするためのボタンを設置しましょう。ボタンを設置すれば、記事のシェアを促進することができます。   3. 意外と侮れないオフラインの繋がり   これを侮ってはいけません。オンラインで繋がることが容易になった現代社会ですが、オフラインでの繋がりこそ、大注目したいところです。私の経験上、オンラインで出会った人よりもオフラインで出会った人の方が、その後も深い繋がりを維持できています。ちょっとした懇親会やオフ会には思わぬ出会いのタネが埋まっているかもしれません。チャンスがあればどんどん活用すべきです。確かにオフラインで接触できる人の数には限りがあります。しかし考えてみてください。オフラインでなんとなく話した人など記憶には残りません。オンラインで顔を合わせた人は違います。50人の薄い繋がりを作るよりも1人の濃厚な繋がりを重要視したいものです。Facebookに「よくわらかないけど、なんとなく覚えている」友達がいたら、よくわかるでしょう。そのような友達からは、なんのインスピレーションもビジネスも、素敵な発想も生まれません。

Read More

SEOの観点から役に立つコンテンツに時間をかけることの重要性

SEOはあらゆるウェブサイトに欠かせない要素です。言うなれば、集客の要。ウェブサイトを見てもらうには、どこかに入り口を作る必要があります。この入り口がTwitterアカウントであることも、YouTubeのビデオであることもあるでしょう。つまり、Twitterで人気を博して、たくさんのフォロワーを獲得すれば…アカウントに貼ったURLを辿って、ウェブサイトを閲覧してくれるかもしれません。YouTubeでも同じことで、説明欄にURLを貼るのが便利です。もちろん、動画内で「〇〇で検索してください」と伝えるのもいいでしょう。これはなんでも構いません。とにかく入り口、つまり人が流入してくる道筋が必要なのです。その一つがSEOです。SNSを使ったものよりは、響きが難解なので、とっつきにくいでしょう。だからこそ、いいのです。InstagramやTwitterであれば、多少の語弊を恐れずに言えば、「マーケティングなどを何も知らない中学生でも、うまく利用することが」あります。   つまり、SNSからのマーケティングは、特別にそれについての知識がない人でも成功してしまうことがあります。なぜならば、自分を表現する、または、趣味の延長線ではまり込んでいるだけでうまくいく可能性もあるからです。それはメリットでもデメリットでもあるでしょう。メリットは、IT系の細かな勉強が面倒な人にとっての可能性です。逆にデメリットは、「始めやすい分、ライバルが増殖しやすい」ことです。YouTubeを見てみればわかりますが、YouTuberと名乗る人が大量に現れています。その中で目立つには特別な何かが必要です。例えば、美女であったりイケメンであったり、特別な特技があったり、笑いのセンスが異常に高かったり、資金が潤沢であったり…。   一方でSEOは日陰にいる存在です。でもどうか誤解しないでください。SEOの力が弱いなどとは言っていません。むしろ、SEOはマスターさえすれば非常に強力な武器になります。   今回は、SEOの中でもコンテンツの質を高めることの重要性に焦点を当てましょう。コンテンツの質を高めるとは、つまり、Googleの検索結果にある他のどのページよりも「すごい」ページを作ることです。すごいの基準は人それぞれですが、典型的には、まず、他の人が提供していない貴重な情報を提供することです。これを意識するだけで、「このサイトには、他にはない情報が眠っている」と思ってもらえます。これに加えて意識したいのが、読みやすさです。このサイトでは、シンプルさを重視していますが、本来であれば、もっと行間を開けるなどの工夫をしてもいいでしょう。   イラストを盛り込むことで読みやすくしたり、クイズを入れて楽しく読み進めるようにするのもおすすめです。ただし、それには時間がかかります。外注するにもお金がかかります。なので、こればかりは仕方がないものと思ってください。決してコピー記事など作ってはいけません。質の高い記事を書くには時間がかかります。時間を省略したければ、誰かを雇う必要があり、それにはお金がかかります。本気でウェブサイト運営を行いたいのならば「他で稼いだお金を投入して、記事を書いてもらう」といった選択肢も視野に入れるべきでしょう。もちろん、自分で大量の時間を投入して、ゆっくりと時間をかけて記事を作るのも素晴らしいことです。   どうか、記事数だけでサイトの進捗を判断しないでください。短い記事やページを量産することは意外と簡単です。ただの日記の公開もいくらでもできます。大事なのは、それの二歩先、三歩先を行くことです。例えば、短い(中途半端なレベルの)記事を10個公開するくらいなら、それの全てを合わせて、数日間、数週間かけて、最高の1つの記事を執筆する方がよっぽど理にかなっています。時に、一つの記事に時間を割き続けていると「記事一つにこんなに時間をかけていていいのだろうか」と不安になることがありますが、そこで踏ん張ることができるかどうか。これが勝敗を分けます。   質の高い記事は読まれます。質の高い記事には他のサイトからリンクが集まります。是非とも、SEOの一番の土台は質の高い記事であるという点は、念頭に置くようにおねがいいたします。ネットの発展により、大抵の情報は手に入るようになりました。しかし、まだまだ手に入りづらい情報はあります。それに狙いを定めるのが得策です。  

Read More

ブログ運営で欠かせないSEOの基本

  ブログ運営にSEOは欠かせません。基本的にブログというと、記事を執筆して、それを見てもらうためのウェブサイトです。ブログと一口に言っても、その種類は多岐に渡ります。ペットとの日々を綴るものから、カフェ巡りのものから、スポーツを紹介するものから、投資支援系まで、そのトピックに制限はありません。   ブログ運営にSEOは必要なの?   ブログ運営にSEOは必要かどうか…というそもそもの疑問から解決していきましょう。答えから言いますと、必要です。ブログにトラフィック、つまり訪問者の数は必要です。見てもらわないと、ブログの運営は行えません。ブログの基本は広告を貼って、そこから収益を上げることです。広告を貼っても、誰もそれを見なければ、収益には一切繋がりません。だからこそ、ブログは多くの人に見てもらう必要があります。そこで、トラフィックの流入元として一番に考えたいのが、Googleなどの検索エンジンです。もちろん、Google以外にもYahooなどの検索エンジンがありますが、現代のシェアを考えると、Googleだけに絞ってもいいでしょう。このGoogleの検索にトラフィックを頼る戦略こそがSEOです。SEOの意味は、Seach Engine Optimizationであり、検索エンジン最適化という日本語訳になります。SEO対策という人もいますが、「最適化対策」という不自然な日本語になってしまうので、正確には「対策」をつけません。   SEOを頑張ればブログ閲覧者は増える?   SEOを徹底的に進めていけば、検索エンジンでの検索を通じた閲覧者がどんどん増えていきます。私たちの生活を考えて見てください。何か疑問があったら、まずGoogleに聞くのが当たり前になって来ました。そうです。世界中のあらゆる人が、疑問があるたびに、店を探すたびに、情報を欲するたびに、Googleを使っているのです。これを使う人の数は膨大です。そんな人たちをターゲットにするのですから、そこからのトラフィックの大きさは計り知れません。SEOを極めれば、毎日、何千何万という人に見てもらえるブログにすら昇華することは大いに可能です。   SEOの仕組みとは?   それでは SEOの仕組みを考えてみましょう。SEOの基本はGoogleの検索アルゴリズムを理解して、Googleのためになるページを作ることです。SEOの基本的指針は、検索者にとって最高の検索結果、つまりページやブログ記事を表示すること。では、どのように、「最高の検索結果」であるかどうかを評価しているのでしょうか?   SEOの基本はリンクをもらうこと   「最高のページ」とは?これの要素はいくつもありますが、まず大事なのがリンクです。つまり、他のページからどれだけのリンクを獲得しているかどうかが大きな指標となっているのです。なぜだと思いますか?例えば他のサイトから私のサイトへ「このサイトで、詳細が記載されています」というような文言でリンクが貼られたら、それが意味するところは、私のサイトの価値です。このようにリンクをもらうことが、評価されます。   SEOにはオリジナルコンテンツが欠かせない   Googleはコンテンツのコピーを非常に厳しく監視しています。Googleは盗用が大っ嫌いなのです。絶対に、ネットにある情報を拾って来て自分のもののように使うことは避けてください。これは大きなペナルティーになります。一気にGoogleの検索結果からあなたのサイトのページが表示されないようになってしまいます。つまり、ほぼ存在しないのと同じ状態です。必ずオリジナルのコンテンツを構築してください。具体的には、お店に行ったレポートや、どこからの文化や歴史についての自分なりの考察などが挙げられます。もちろん、他のサイトから情報を参照することはできます。あくまでも自分のコンテンツをベースにして、補足として他のサイトからの情報を組み込むのはいいでしょう。その際には、必ずリンクを貼るようにしましょう。リンクも紹介もなしに、いきなり他のサイトからの情報を貼り付けたら、盗用になってしまいます。ちょっと考えてみてください。ここで、あなたは、他のサイトに向けたリンクを貼ったことになりました。つまり、「このサイトには価値がある」という投票を行なっているのです。このようにして、先ほどのリンクの価値が決まっていきます。非常に良くできていますね。本当に価値あるオリジナルのコンテンツがどんどん自動的に評価されていく仕組みができています。   オリジナルコンテンツの作り方   SEOに欠かせないオリジナルコンテンツ。これの作り方はシンプルです。自分の考えや調査をメインにすること。そのためにはあるトピックについての興味や知識が必要です。そのような意味で、ブログを作る際には、是非とも自分の好きなこと、自分が詳しいことをメインの題材にするようにしてください。そうしないと、どうしても薄い内容になってしまい、他のサイトからリンクをもらえることもないでしょう。

Read More

ウェブサイトを作る目的とは?ウェブサイトの活用コンセプト3つ

ウェブサイト作成は素晴らしいもので、これの開発について語り出せば、際限がありません。しかし、これはあくまでも手段に過ぎないのです。そう、ウェブサイトは、何かしらの目的を達成するための手段の一つ。だからこそ、ウェブサイトを構築する前に、どのような目的でウェブサイトを作り上げるのかを明確にしておきましょう。今回は、みなさんのアイデアを刺激するかもしれないコンセプトをご紹介したいと思います。   1. 商品販売/eコマース   商品を販売するために開発するウェブサイトは、いわゆるオンラインショップでありeコマースウェブサイトです。別から仕入れてきた商品を在庫を抱えて売ることも、手作りの商品を掲載して販売することもできます。基本的な仕様は、カートを用意して、そこに消費者が自由に商品を入れられるようにするものです。今や、カート機能のないショップは不便とすら思うでしょう。例外として、数少ない製品を扱うサイトでは、カートは必要ありません。例えば、2-3種類の商品のみをディスプレイするサイトでは、むしろ、カートがない方が、プロセスが簡潔になり便利です。このような点を考えて、カード導入の可否を検討するといいでしょう。さらにオンラインショップ構築の際に重要な点は、決済プロセスです。どのような決済の手順を踏むかが、直接的に、収益率に影響するものです。面倒で難しい手順はできるだけ避けながら、簡潔化することがポイントです。また、消費者による継続的な購入を促進するために、ニュースレターを作成したり、クーポンを配布するのもいいでしょう。ポイント制を導入することもオススメです。またログインをFacebookアカウントから簡単に行えるようにすることで、ユーザーによるストレスを軽減できるでしょう。この際に、そのウェブサイトが売るものを考慮することが重要です。例えば、Facebookと連携することで、「友達に購入情報がバレてしまうかもしれない」と感じる人もいるかもしれません。例えば、性的であったり、あまり他の人に知られたくないタイプの製品を販売する場合には、この辺りの配慮が重要です。   2. ニュース系サイト/まとめ系サイト   最近、まとめ系サイトが膨大に生まれていますね。まとめ系サイトとは、つまり、他のサイトの情報を引用する形で、リスト形式の記事を量産するサイトです。これには弊害もあり、あらゆる情報が複製されて、ネットが薄い情報で溢れる傾向にあります。どれもオリジナルのコンテンツではありません。引用して、それに自分ならではの考えや調査結果を加えるぶんにはいいのですが、現代社会のまとめ系サイトのほとんどは、ただ情報を引っ張ってきているだけですので、非常にグレーでしょう。Googleのアルゴリズムは常に進化を続けていますので、今後、どんどん、周囲の情報を盗んでいるだけのサイトへのペナルティーは厳しくなると思います。そのペナルティーとは、つなりランクという形で現れます。そして、検索者の前に、そのような薄っぺらいサイトは表示されなくなるのです。まだまだ、まとめ系サイトは、革新的だと勘違いしている人が多いですが、基本的に行われていることはコンテンツのグレーな盗用です。もし、まとめ系サイトを構築しようとしているならば、やめておくことをオススメします。引用はそもそも、自分のオリジナルコンテンツをさらに補強するための素材にすぎません。これがメインになってしまっては、本来のあり方から逸脱していることになります。理想的なのは、自分で取材した記事を公開したり、自ら足を運んで手に入れたレビューを公開したりするウェブサイトです。このような記事作成にはそれなりの手間がかかります。だからこそ、皆が避けるでしょう。避けるということは…大きなチャンスです。地道にコンテンツを作り上げることのできるニュース系サイトは、結果的に、ユーザーに評価され、Googleからの高評価につながり、多くの人の検索結果に表示され…という善循環を享受することになります。   3. パーソナルブログ   パーソナルブログとはつまり、自分の日常や考えなどを綴るタイプのウェブサイトです。これのポイントはズバリ、自らの個性を出すことでしょう。書き手がどのような人物であるのかを明確に公開することが鍵です。逆に、不明なことばかりで、当たり障りのないことばかりを綴るようでは、誰にも注目されないという欠点があります。個性を出して、あなた自身を売る。それができる場合に、このパーソナルブログを作ることをオススメします。相性がいいのは、変わった職業をしている人や、人前に出る職業をしている人です。芸能人、アーティスト、作曲家、作家、写真家、映画監督などなど。パーソナルな部分を出すことに抵抗がある人は、もちろん、匿名で日記を綴ることもできます。しかし、もしも、それの目標が「結果的に届く人に届けば」という中途半端なものであるならば、その目的を達成するのは難しいです。パーソナルブログの性質上、しっかりとまとめ上げられた記事よりも、Googleの検索結果で上位に表示されるのは困難です。さらに、あなたの個性をうまく出せない限り、ユーザーによるSNSでのシェアなども見込めないでしょう。人に見てもらいたいのならば、この辺りの戦略を考えることをオススメします。  

Read More

【ウェブサイト構築のアイデア】ウェブデザイン最新トレンド

なかなかウェブサイトのデザインアイデアが出てこないという人は、最新のトレンドをチェックしてみると新たなインスピレーションが生まれることがあります。凝り固まった目線を柔らかくする効果もあるため、リラックスして柔軟に考えていきましょう。ここでは7つの最新トレンドをご紹介していきます。 鮮やかな色彩のグラデーションやカラーフィルターを使用したウェブサイトが多く見られるようになりました。グラデーションは古くから使用されていましたが、最近では鮮やかなカラーをベースとしたものが主流となっています。明るく鮮やかな色使いは写真との相性も良く、カラーフィルターや2色で構成されたデュオトーンといった形でも見かけるようになりました。アースティックな雰囲気やインパクトを与えることができます。ヒーローヘッダーやアイキャッチとして使用するのも効果的です。 ダーク系の背景に動画を組み合わせるウェブサイトも人気です。黒や紺色などのダーク系を背景としたものは以前から存在しますが、動画と組み合わせることで違った新しい印象になります。テキストの色は可読性の低下を防ぐために、白が基本です。動画も文字が読みづらくならないように、繊細で控えめな動きにするのがポイントです。動画は文字や写真よりも膨大な情報を伝えることができます。 トップアーティストたちによる3Dデザインが注目を集めています。これはウェブサイトのデザインも例外ではなく、独自性があるためロゴや各商品との親和性も高いのです。マテリアルデザインの流行から、シンプルなウェブサイトが多い中では特に異彩を放ちます。さらにアニメーションを加えることで、より記憶に残ります。 数学的な少し堅いイメージのある幾何学模様ですが、アニメーションを加えることでポップに仕上げることが可能です。三角形や四角形、円形などのシンプルな表現から複雑に組み合わせたものまで表現の幅も広いです。ウェブサイトで多くの形状を使用すれば多様性や汎用性を示すことができます。洗練された印象を与えることができ、SVGなどベクター形式であればデバイスとの相性も抜群です。 現在ではウェブサイトの閲覧方法はパソコンから、スマートフォンやタブレッドが主流になっています。最新機種が続々と発表されるため画面の解像度も様々です。画面解像度の違いや拡大縮小に耐えられるロゴは以前からありました。しかし、最新のトレンドでは単なる大きさの変化だけでなくデザインも最適化されるようになってきています。最大化ではサブタイトルがついたり、最小化するとシンプルなロゴマークだけになったり、よりシンボルとしての役割を果たせる柔軟性を兼ね備えるものが目立つようになりました。また、フラットなものだけでなく立体的なデザインも増えてきています。 垂直型のサイドバーはブログのカテゴリーや日時などでよく用いられますが、トップページやメインページではあまり使用されていませんでした。最近のトレンドではメインのナビゲーションに取って代わるような役割として人気となっています。幅が細いことも特徴的で、画面の幅が広くないデバイスでも活用できるように工夫されているのです。タブレットやスマートフォンではタップすることでメニューが表示されるなど最適化されています。 大胆に画面を左右に分割したレイアウトもトレンドのひとつと言えるでしょう。デスクトップの画面サイズが広くなってきたことから、活用するために考え出されたデザインです。2つの情報を一度に見ることができるため情報伝達のスピードの向上が期待でき、さらに分割という明確な区切りを用いることでユーザーを混乱させることもありません。スマートフォンのような狭い画面では縦方向に積み上げられるように変化する柔軟性の高さも魅力です。ポートフォリオサイトなら一度に多くの作品を閲覧できたり、宅配サービスでは注文と予約で切り分けたりするなど機能性も十分です。 ウェブデザインのトレンドは新たなデバイスや新機種の登場によって変化していきます。基本を押さえながらも常にアンテナを張っておきましょう。また流行しているからといって、全てのウェブサイトに有効かというとそうではありません。各目的に合ったものを選択する必要があります。そのためには、どんなユーザーをターゲットにして、どんな情報を発信するのかをまずは明確化しておくことが重要だと言えます。トレンドは適材適所で活用するのが得策です。

Read More