【グッドウェブサイトの特性と品質】デザインに優れたおすすめ10サイト

グッドウェブサイトの「おすすめ10サイト」の特性と品質(ライターの主観OK グッドウェブサイトに選ばれたおすすめ10サイトはそれぞれ個性的でかつインパクトが強い印象があります。しかしそれは決して押し付けがましいものではなく見た目に非常に分かりやすいと言うのも大きなポイントとなっており、ひと目見ただけでその内容が分かる点が共通の特徴となっています。 これらに共通する特徴は第一に何を伝えたいのかを明確に表現している点です。現代ではインターネットのウェブサイトは非常にその数が多く、検索エンジンで検索をしないと自分の希望のサイトを見つけることが非常に難しいほどとなっており、さらにこの検索エンジンの上位に表示させるためにSEOなどを利用して効果的に表示させることが大きなカギとなるほどにその技術が成長しています。そのため単にサイトのコンテンツを充実させるだけではなく、見た目に強いインパクトを与え内容を一瞬で相手に伝えることができることが非常に重要な要素となっているのです。グッドウェブサイトに選ばれたおすすめ10サイトはそれぞれ表現方法は異なりますがサイトを開いた瞬間に何を訴えたいのかを一目で知ることができるのが大きなポイントです。 さらにこれらのサイトはそれぞれ個性的であることが大きな魅力となっています。最近では動画等を効果的に利用し大きな動きや見た目のインパクトを与えることにより見る人を引きつけようとする傾向も強くなっていますが、動画の場合には最後までその映像を見続けないと内容が伝わらなくなってしまうことも多く、魅力的な動画でないと最後まで利用者の目を惹きつけることが難しい面もあります。しかし動画をゆっくりと閲覧できる時間がある人はともかく、限られた時間の中で複数のサイトを閲覧している人にとっては長時間閲覧にかかってしまう動画は欲しいものを探す上では邪魔な存在になってしまうことも少なくありません。そのため目的に応じて使い分けることが必要で、グッドウェブサイトに選ばれたおすすめ10サイトはトップページなどで利用者をしっかりと惹きつけるとともに効果的に利用者に情報を短時間で与える方法を用いていることが高い評価につながっていると考えられます。 インターネットの特性として、利用者は出来る限り短時間でより多くの良質な情報を得たいと言うものがあります。様々なサイトをじっくりと時間をかけて隅々まで理解することができれば最も良いのですが、インターネットには無数の様々なサイトがあり、現実的にこれらを全て閲覧することは不可能に近いため自分の欲しい情報に対して良質な情報を得ることができるサイトを探してその内容を端的に確認することが一般的となっています。その基準となるのは検索エンジンの検索による上位の表示であり、またこれによって検索されたサイトのトップページが端的にまとめられその情報量が非常に多いと言う点がサイト選びにとっては重要な要素となるのです。 しかし中にはアクセスを増大させるために過剰なSEO対策を行い実際の内容に対してそぐわないタイトルをつけたり、その他の方法を用いてアクセスを増やしているサイトも多いのが実態です。これらは検索エンジンの上位に表示されることから多くの人が閲覧する可能性がありますが、トップページを開いて瞬間にその品質の悪さなどが露呈してしまうためすぐに閲覧を止めてしまう傾向が発生しています。実際にはこの情報が検索サイトにも通知されていることが多く、このような形で報告されたサイトについては検索エンジン側ではブラックリストと呼ばれる有害サイトの登録情報として収容し検索エンジンの上位に表示されないようにすることから急激に閲覧数が減ることになります。そのためSEO対策を行うことが閲覧数を増やすために非常に重要であると言われていますが、実際にはSEO対策だけでなくコンテンツ自体の充実も大きな要素となっており、これを充実させることが品質の良いサイトを作り出す大きなポイントとなっているのです。 グッドウェブサイトのおすすめ10サイトはそれぞれ表現方法が異なりますがトップページから閲覧をする人にとって良質の情報がわかりやすく掲載されている点が非常に高く評価されています。flashを利用しコンテンツに動きを与えながら閲覧する時間を短縮するために表示時間を短くしたり、また会敢えてトップページには動きを与えずシンプルな目次の表現だけにすることで自分の希望する情報にうつりやすいデザインとしたものなど、個性的な面がありながら自分の欲しい情報にたどりつきやすくする工夫が行われているのが高く評価されるポイントです。インターネットの技術が普及しその表示における技術も向上していることから、サイト製作者の多くはより多くの情報量を掲載しかつインパクトのあるデザインを求める傾向にありますが、閲覧する側にとってはこれらの情報が欲しい情報にたどり着くためには大きな障害となってしまうことも多いのです。ずっとウェブサイトのおすすめ10サイトは美しい上にシンプルな表示が行われている点が非常に魅力的なものとなっています。

Read More

【ウェブサイト構築のアイデア】ウェブデザイン最新トレンド

なかなかウェブサイトのデザインアイデアが出てこないという人は、最新のトレンドをチェックしてみると新たなインスピレーションが生まれることがあります。凝り固まった目線を柔らかくする効果もあるため、リラックスして柔軟に考えていきましょう。ここでは7つの最新トレンドをご紹介していきます。 鮮やかな色彩のグラデーションやカラーフィルターを使用したウェブサイトが多く見られるようになりました。グラデーションは古くから使用されていましたが、最近では鮮やかなカラーをベースとしたものが主流となっています。明るく鮮やかな色使いは写真との相性も良く、カラーフィルターや2色で構成されたデュオトーンといった形でも見かけるようになりました。アースティックな雰囲気やインパクトを与えることができます。ヒーローヘッダーやアイキャッチとして使用するのも効果的です。 ダーク系の背景に動画を組み合わせるウェブサイトも人気です。黒や紺色などのダーク系を背景としたものは以前から存在しますが、動画と組み合わせることで違った新しい印象になります。テキストの色は可読性の低下を防ぐために、白が基本です。動画も文字が読みづらくならないように、繊細で控えめな動きにするのがポイントです。動画は文字や写真よりも膨大な情報を伝えることができます。 トップアーティストたちによる3Dデザインが注目を集めています。これはウェブサイトのデザインも例外ではなく、独自性があるためロゴや各商品との親和性も高いのです。マテリアルデザインの流行から、シンプルなウェブサイトが多い中では特に異彩を放ちます。さらにアニメーションを加えることで、より記憶に残ります。 数学的な少し堅いイメージのある幾何学模様ですが、アニメーションを加えることでポップに仕上げることが可能です。三角形や四角形、円形などのシンプルな表現から複雑に組み合わせたものまで表現の幅も広いです。ウェブサイトで多くの形状を使用すれば多様性や汎用性を示すことができます。洗練された印象を与えることができ、SVGなどベクター形式であればデバイスとの相性も抜群です。 現在ではウェブサイトの閲覧方法はパソコンから、スマートフォンやタブレッドが主流になっています。最新機種が続々と発表されるため画面の解像度も様々です。画面解像度の違いや拡大縮小に耐えられるロゴは以前からありました。しかし、最新のトレンドでは単なる大きさの変化だけでなくデザインも最適化されるようになってきています。最大化ではサブタイトルがついたり、最小化するとシンプルなロゴマークだけになったり、よりシンボルとしての役割を果たせる柔軟性を兼ね備えるものが目立つようになりました。また、フラットなものだけでなく立体的なデザインも増えてきています。 垂直型のサイドバーはブログのカテゴリーや日時などでよく用いられますが、トップページやメインページではあまり使用されていませんでした。最近のトレンドではメインのナビゲーションに取って代わるような役割として人気となっています。幅が細いことも特徴的で、画面の幅が広くないデバイスでも活用できるように工夫されているのです。タブレットやスマートフォンではタップすることでメニューが表示されるなど最適化されています。 大胆に画面を左右に分割したレイアウトもトレンドのひとつと言えるでしょう。デスクトップの画面サイズが広くなってきたことから、活用するために考え出されたデザインです。2つの情報を一度に見ることができるため情報伝達のスピードの向上が期待でき、さらに分割という明確な区切りを用いることでユーザーを混乱させることもありません。スマートフォンのような狭い画面では縦方向に積み上げられるように変化する柔軟性の高さも魅力です。ポートフォリオサイトなら一度に多くの作品を閲覧できたり、宅配サービスでは注文と予約で切り分けたりするなど機能性も十分です。 ウェブデザインのトレンドは新たなデバイスや新機種の登場によって変化していきます。基本を押さえながらも常にアンテナを張っておきましょう。また流行しているからといって、全てのウェブサイトに有効かというとそうではありません。各目的に合ったものを選択する必要があります。そのためには、どんなユーザーをターゲットにして、どんな情報を発信するのかをまずは明確化しておくことが重要だと言えます。トレンドは適材適所で活用するのが得策です。

Read More